インドのコーヒー豆

「まずーー。。。 お父さん。。。 これ苦くて美味しくない。。。 もういらない。。。」

私の父は毎週日曜の朝にフレンチプレスでコーヒーを入れていた。

父は美味しそうにそのコーヒーを飲んでいた。

小さいながらに私はその黒い液体がとても美味しいものだと思っていた。

しかし、父からその液体をもらって飲んでみると苦くて美味しくなかった。。。

それがコーヒーの最初の思い出。

只今37歳の私、当時の父と同じようにその黒い液体の虜だ。

「うわー 美味しい! このアイスコーヒー美味しいですね!」

いつも気になっていた店に意を決して入ると

店主がアイスコーヒーをふるまってくれた。

そのお店は杉綾コーヒーというコーヒー豆の専門店だ。

お店には数は多くないが店主が厳選した豆がおいてある。

「インドってコーヒー豆栽培しているんですね! 知らなかった。」

「そんなんです。 インドって実はコーヒーの生産量多いんですよ!」

と色々教えてくれた。

基本的に深煎りのコーヒーしか飲まない私。

インドのコーヒー豆、酸味が強いらしく独特な味らしい。

インド、

インド、

インド、

酸味はあまり好きではないが

インドの豆なので購入してしまった。

「豆はお挽きますか?」

「ペーパードリップ用に挽いて下さい!」

店内には豆のいい香りが広がる。

私は豆をリュックサックに入れ

自転車に跨った。

私の頭にはインドのガンジス川に風景が広がっていた。

TFN 石毛大蔵

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)