2018 4.15 体験会

「うちの社員に足りないのこれですよ!」

こんにちはトライフォース・ナリマスの石毛です。

4月15日は柔術の体験会でした。

体験会に限らず、クラスは座礼にはじまり、座礼で終わります。

パートナーと練習するときは礼や握手で始まり、終わります。

最初に書いた言葉は体験会が終わった後に参加して頂いた方が礼法を見て、おっしゃった言葉です。

 

これを聞いて、私はアメリカでお世話になった躰道の先生のことを思い出しました。

先生がアメリカで奨学金の面接で、ある大学の学長と会った時のことです。

学長は先生に

「躰道とはなんですか?」と尋ねられました。

先生はとっさに学長の前で正座をして座礼をしたようです。

それを見た学長が

「これだ! うちの学生に足りないのはこれだ!」と言って

先生は奨学金をもらったのと同時に「躰道」をその大学で教えることになったそうです。しかも単位がでる授業です。

礼法を通して相手を敬うという気持ちは人種、文化を越えて人を感動させるものです。

柔術に限らず、武道というものは相手を攻撃をして競ったり、自分を高めたりします。

武道に相手を敬う、礼が無ければただの人を傷つける暴力になってしまいます。

道場に来て、相手と向かい会い、礼、握手、スパーリング、柔術を通して改めて

相手を敬うという気持ちを考えてもらいたいと思いました。

《体験会の内容》
ロールエスケープ
クロスチョーク
シザースイープ
ストレートアームロック
リアネイキッドチョーク

石毛

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)