全日本NOGI王者とのスパーリング楽しい!

ジャイアントの白いクロスバイクにまたがった。
向かう先は池袋。
トライフォース成増の開講日は土日のみなので、平日はトライフォースの本部のある池袋で練習をしている。
今日も練習に行く前に柔術の映像で技を研究していた。
柔術は面白い。
「こんにちはー」と池袋のガラスのドアを引いて挨拶をする。
クラスは始まっていた。
僕が出たいのは次のクラスだ。
カバンから白い道着を取り出して、ズボンをはき、道着を着て黒帯をへその下で締める。

帯を締める。
今、日本人は着物を着ないから帯を締めるっていうのはあまりしないでしょう。
やっぱり、帯で下っ腹を締めるって気持ちが引き締まる。

時間だ。
生徒は全員先生の前で整列。
「黙想ー」
生徒はみんな目を瞑って道場は静かになる。
僕が好きな瞬間だ。
黙想が終わると準備運動のマット運動
エビ
逆エビ
肩抜き後転etc……。
準備運動が終わると柔術のテクニック練習だ。
今日のテクニックはマウントを取ってからの関節技。
三つのテクニックを行ってから、大好きなスパーリング。
今日は全日本NOGIチャンピオンの若者が道場に来ていた。
彼と関節の極めあいっこをするのが楽しみなのです。

「お願いします!」と握手をして、彼とのスパーリングが始まった。
「やーーーーーーっ!!!」と
僕は開始、早々、巴投げで彼をぶん投げた。柔道だったら一本だ!
でもこれはブラジリアン柔術のスパーリングなので、そこからポジション取りや関節の取り合いが始まる。
僕は綺麗に投げたが、相手に良いポジションを取られてしまった。
「うーん」
下になった僕はどうしようか考える。相手は僕の足を越えて抑え込もうとしてくる。
なんとか左手で相手の前襟を掴み、右手でズボンを裾を掴み相手の攻撃を耐えると同時に相手をひっくり返そうとトライする。
「うわー!」
一瞬のすきを突かれ相手に僕の背中を取られてしまった。僕はうまくそこから逃げようとトライしたが絞め技で首を極められてしまった。
悔しいけど、やっぱりこういう極めあいが楽しい!!!
スパーリングを参加者全員とやりクラスは終了した。

「スパーリングやろうよ!」と僕は若者に声をかけた。
練習後のスパーリングを彼と2本行った。
その2本のスパーリングは外掛け有り、ヒールホールド有りの特別ルール
1本目は内ヒールを取られてしまた。
2本目は一本どりスタイルでスパーリング。
一本どりとは、時間無制限でどちらかが一本をとったら、そこで終了の男の中の男のルールだ。
始まってすぐ下になる若者。
パスを狙うとラチが明かないのですぐに足関節狙いだ。そのまま数分足関節の取り合いが続く。
柔術は相手の足の外から足をかけて足関節技をかけるのは禁止。
今日はその禁止をとっぱらって、外掛けOKのルール。いつも外掛けを行ってないので勝手が違う。
「くそー」
足関節の取り合いでポジションどりをミスして、相手にマウントポジションを取られてしまった。結局そこから腕十字を取られてしまって一本どりは僕の負けで終了した。

最後は腕を極められたけど、今日も柔術を楽しめました!
柔術が終わったあとは体は疲労しているけど、体の中の毒が全部、汗とともに抜けたようで体も心もすっきり!

トライフォース成増では会員様を募集しております。
ブラジリアン柔術をはじめようとしている方とトライフォース成増でお会いできることを楽しみしております!

トライフォース成増代表 石毛

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)