学生時代の部活で優勝を経験したことはありますか?

こんにちはトライフォース成増の石毛でございます。

僕、小学生の時は陸上の幅跳びの選手で市内大会を優勝しました。
中学校では柔道部に在籍をしており市内大会で優勝しました。
高校では柔道の個人戦で千葉県大会を優勝しました。
大学では優勝は出来ませんでしたが柔道でインカレベスト16でした。
社会人になってからは総合格闘技パンクラスの王者になりました。
勝利することってとても気持ちがいいですし、優勝になるとさらに気持ちが高揚します。

さて社会人の皆さま、この勝利する充実感を最近、味わっていますか??

このブログをお読みなっているあなたは学生の頃、部活に取り組んでいたことでしょう。ごめんない、取り組んでいない方もいますね。。。

僕が学生時代の部活(Judo部)を思い出すと、毎日、相手をどうやって投げようか、あの先輩を今日こそは抑え込んでやろうとか、強くなるためのトレーニングプログラムなどを考えていました。部活の先生、先輩は怖いし、日々の練習はきついし、でも毎日が充実していました。

それはやはりしっかりとした目標があっただからだと思います。

では今、社会人になってみるとあの頃のような明確な目標を持てているかというと中々厳しものがあります。

僕は約8ヶ月前までは約3年間、格闘技の練習をしていませんでした。
しかし柔術の練習に復帰してみると、それはそれは楽しく仕方がありません。

まず何が楽しいか?それは三つあります。
1、新しい技を覚える楽しみ
2、若者と激しく練習する楽しみ
3、強い人に極められて悔しい思いをする楽しみ

1、これはそのままで新しい技を覚えるって単純に楽しいです。
2、僕を抑えてやろう、極めてやろうって若者と練習すると学生時代の気分が蘇ってきて僕も熱くなってくるので若者との練習も楽しいです。
3、強い人と練習をして極められるとこれはこれで自分の弱さがわかり改善点をさがせるのでとても楽しいです。

うーん こう考えてみると柔術ってなにをしても楽しいですね。(笑)

柔術は大会もたくさんあります。年齢別、体重別、帯の色別であるので試合も楽しめます。

皆さまは社会人ですので仕事が大切なはずです。
でもあの学生時代の目標を持って取り組んでいた部活動、スポーツで勝利したあの充実感を柔術で味わってみませんか?
TFNのメンバーも社会人ばかりで柔術を楽しんでいます。

柔術、やってみると、とても楽しいですよ!!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)